トップ  >  教育・老後

教育資金・老後資金

「人生の3大資金」(生涯で最も資金を用意しておく必要があるもの)
それは、 1.住宅購入資金  2.教育資金  3.老後資金 です。

教育資金を適切に準備しましょう

まずは、必要と思われる概算額を計算しましょう。

一般的なデータとして、教育資金は1000万〜2000万円といわれます(自宅通学時)。漠然とでもいいので、お子様に進んでほしい進学経路を考え、必要予想額を算定します。

次に、必要額をどういった手段で準備するかを考えましょう。

例えば――、
・保障と組み合わせて学資保険を利用する。
・会社員なら福利厚生制度を利用して貯蓄を検討する。
・有利な金融商品で運用する。
・低利の教育ローンや奨学金制度を利用する。
など、いろいろな方法が考えられます。

当社では、お客様のニーズに合わせて、安全・効率的・確実に貯蓄できるものを選択してご提案いたします。

老後資金は長期設計プランが必要です

1.まずはライフプランを立てましょう。

人生設計の大前提として、ライフプランニングを行いましょう。

5年後・10年後・20年後の未来を見据えてプランを立てると、今現在の目標が見えてきます。住宅資金・教育資金などのプランと組み合わせて、セカンドライフの必要額に備えましょう。

2.必要資金の優先順位を決めましょう。

収入・支出の長期キャッシュフロー表を作成して、ライフプランの優先順位を決めましょう。家計の健全化をはかりながら、必要な支出をちゃんと把握します。

3.資産の分配・貯蓄方法を検討しましょう。

老後資金を貯めるとしたら、具体的にはどういった方法がベストなのか? 
セカンドライフにどれだけの資金を用意しておきたいのか、いろんな角度から検討しましょう。

お客様が安心できる老後のセカンドライフプランを設計いたします。

 



まずは、安心の『無料相談』をご利用下さい。お客様の状況をお伺いし、適切なアドバイスをさせていただきます。無料相談のお申込みは、「お問い合わせフォーム」または、専用ダイヤル電話050-3530-1623 まで!
FLPマネースクール
おすすめFP認定証

お知らせ

  • 2017年07月21日

    夏季休業期間:8月11日(金)から8月16日(水)まで

  • 2017年05月18日

    マネーセミナーの講師をさせていただきました。詳細はこちら

  • 2016年12月03日

    年末年始休業期間:12月28日(水)から1月4日(水)まで

  • 2016年08月25日

    マネーセミナーの講師をさせていただきました。詳細はこちら

フリーライフプランイング

メディア掲載

BikeBros

バイクブロス
ZIP

日本テレビ「ZIP!」

MOM8月号

テレビ東京「レディス4」

MOM8月号

MOM 8月号

ポコチェ7月号

ポコチェ 7月号

初回相談(50分)無料 お気軽にお問合せ下さい
メルマガ登録

▲このページのTOPへ