トップ  >  家計・貯蓄

家計・貯蓄

家計管理のポイントとは?

1. まずは、毎月のお金の流れを把握しましょう。

家計簿をつけることができれば一番良いのですが、始めてはみたものの三日坊主になってしまっては意味がありません。
一番大切なポイントは、何に幾ら位のお金を使っているかを、大枠でもいいので把握する事です。
レシートや領収書を、ざっくり以下の項目別に分けて、合計してみましょう。
1.食費・日用品
2.光熱費(電気・ガス・水道)
3.通信費(固定電話・インターネット、携帯電話、
4.交際費
5.医療費・介護費
6.趣味・お小遣い
7.レジャー費
8.住宅費
9.保険料
10.被服費・クリーニング
11.車・バイク関連費
12.雑費

2. 家計の「波」を理解しましょう。

1.のように支出を項目別にまとめる作業を、数ヶ月間続けてみましょう。
すると、ある程度、家計支出の「山」と「谷」が見えてます。つまり、毎月の出費
の「上限」と「下限」です。
とても節約できた月、かなり出費がかさんだ月、それぞれに、何が原因で安くなっ  
たのか、高くなったのかを分析してみると、家計のどこをポイントにして節約すれば
よいかがわかってきます。
そして、もろちん、長期的な支出予定も把握することが可能になり、1ランク上の
家計管理上手に成長できます。

3. 貯蓄目標を立てましょう。

家計管理ができるようになったら、余ったお金は、全て貯蓄に廻しましょう。
「何かの時のために」と手元に置いておくと、気づくと全て無くなってしまい、
本当に「何かの時」がきても使うことができません。
お金は羽が生えているので、ちゃんとコントロールしてあげないと、すぐに
飛んでいってしまうのです。
では、どうやってコントロールするのか?
答えは簡単です。「入ってきたお金を、強制的に貯蓄口座に移す」です。
次は、『効果的な貯蓄方法』について、ご説明します。

 

最も効果的な貯蓄方法とは?

1. ライフプランニングを行ないましょう。

貯蓄の極意とは何でしょう?  皆さん、もちろんお知りになりたいですよね?

では、ズバリ答えから申し上げましょう。--「貯蓄の極意はライフプランニングに有り」なのです。
と言われても、よくわかりませんよね。では、詳しく説明していきましょう。

これまで日本人が、貯蓄下手、運用下手といわれてきたのは、至極当然の事です。
なにしろ日本には、欧米的なライフプランニングの考え方が無かったのですから、
短期・中期・長期にわたる貯蓄計画や資産運用計画など、できるはずもありません。
1年後、3年後、10年後、一体何に幾ら必要なのかもわからないのですから、
とりあえず、普通預金に貯めておくとか、少しだけ定期預金に廻すとか、年金として
積み立てておくとか、何となく貯蓄するしかありません。
それらの貯蓄が得なのか損なのかもわからず、とにかく安全に貯めておこう、と
いう訳です。

そして、例えば、インフレになってお金の価値が無くなってしまったり、子供の
進学費用が足りなくて年金を解約したら元本を割り込んで損をしたり、銀行にすす
められるがままに投資信託を買ったら、何割も原資が減少して塩漬けにしておく
しかなくなったり、という事になってしまうわけです。

つまり、効果的な貯蓄の第一歩は、自分や家族の人生設計を行い、「いつ」「何の
ために」「いくら」お金が必要なのかを把握することなのです。

2. 毎年のキャッシュフローを分析しましょう。

ライフプランニングを行なうと、貴方の人生のキャッシュフローが出来上がります。
3年はいくら貯蓄可能か、それとも赤字なのか?
10年後は、いくら貯蓄して、いくら支出に廻せばいいのか?
子供が高校・大学に進学する時に、家庭の貯蓄はどういった状態になっているのか?
定年退職した後、年金が支給されるまでの数年間、働かなくても大丈夫なのか? 働
かなければならないとしたら、最低どれくらいの収入を確保すべきなのか?

それらが理解できて初めて、貯蓄計画が成り立ってきます。

3. 目的別に貯蓄口座を管理しましょう。

ライフプランニングをしてキャッシュフローを分析すると、何のために幾ら貯蓄が
必要なのかが見えてきます。
そこからが、具体的な貯蓄プランの始まります。
目的によって、効果的な資金運用方法は全く違います。
目的の時期、金額、内容により、貯蓄方法を決め、更に、それらの中で、より条件
の良い金融商品を比較、検討しましょう。

4. 短期・中期・長期に分けて資金運用しましょう。

金融商品は、預け入れ期間によって、短期・中期・長期に分けることができます。
それぞれにメリット、デメリットがありますので、4.でご説明した「目的別」管理
をベースにしながら、更にキャッシューフローの貯蓄残高を考慮しつつ、「期間別」の
管理も視野に入れて下さい。

 

当社では、お客様に適した家計管理の方法を具体的にアドバイスしなかげら、家計
をスリム化し、家計の貯蓄体質を強化していきます。
そして、お客様のライフプランに合った貯蓄計画を、多角的な角度から選定していき 
ます。

さあ、これで、貴方の貯蓄計画は万全です。



まずは、安心の『無料相談』をご利用下さい。お客様の状況をお伺いし、適切なアドバイスをさせていただきます。無料相談のお申込みは、「お問い合わせフォーム」または、専用ダイヤル電話050-3530-1623 まで!
FLPマネースクール
おすすめFP認定証

お知らせ

  • 2017年07月21日

    夏季休業期間:8月11日(金)から8月16日(水)まで

  • 2017年05月18日

    マネーセミナーの講師をさせていただきました。詳細はこちら

  • 2016年12月03日

    年末年始休業期間:12月28日(水)から1月4日(水)まで

  • 2016年08月25日

    マネーセミナーの講師をさせていただきました。詳細はこちら

フリーライフプランイング

メディア掲載

BikeBros

バイクブロス
ZIP

日本テレビ「ZIP!」

MOM8月号

テレビ東京「レディス4」

MOM8月号

MOM 8月号

ポコチェ7月号

ポコチェ 7月号

初回相談(50分)無料 お気軽にお問合せ下さい
メルマガ登録

▲このページのTOPへ